ストレスと腰痛の関係


■腰痛の原因はストレス?

腰痛の原因はさまざまです。ところが原因の特定ができるのは15%程度といわれており、原因を突き止めることができない場合、と「ストレスが原因」と診断されてしまうことが多いのです。
「ストレス」が原因で体の不具合が生じるのは、腰痛に限ったことではありません。頭痛、肩こり、膝痛、腹痛、自律神経…まさに万病のもととなる「ストレス」。
「ストレス」と腰痛の関係、そのメカニズムについて考えてみましょう。

みなさんは、どんな時にストレスを感じるでしょうか?

  • ・上司に理不尽な叱責をうけた
  • ・友達から嫌なことを言われた
  • ・ご主人から高圧的な態度を取られた
  • ・近所づきあいを上手くできない
などなど。さまざまなストレスを感じて日々を過ごしていることでしょう。
ストレスを感じたとき、仕事をやめる、喧嘩をする、接触をしなくするなど、その原因からすぐに離れるということはなかなかできず、我慢をしていることがほとんどではないでしょうか?
実は、この「感情を我慢する」ことが筋肉の緊張につながり、腰痛の原因となるのです。
なぜなら、人間は、筋肉を緊張することで、感情を抑えこむからです。
出力する10の感情を抑え込むには、20のエネルギーが必要なので、筋肉の緊張を起こします。筋肉が緊張すると血流が悪くなります。 さらに、血流が悪くなると次のような弊害が起こります。

■化学的老廃物(疲労物質や発痛物質)の蓄積

通常、血液循環によって洗い流される老廃物が蓄積して痛みの原因になります。

■神経障害

血管が圧迫されて、知覚異常(痺れや麻痺など)や筋力低下を起こします。

■体の冷え

血流が悪くなることで体の冷えを起こし、冷えが原因で筋肉が緊張するといった負のループに!


つまり
「ストレス」→「我慢」→「筋肉の緊張」→「血流の悪化」→腰痛をはじめとする体の不調 というメカニズムになることがわかります。


現代生活において「ストレス」という言葉を知らない人はいなくなりました。
ハンス・セリエが発表したストレス学説では、外的ストレッサーと内的ストレッサーに分けられ、それぞれは以下のように定義されています。

外的ストレッサー:[環境的要因]温度・湿度・騒音・過労・感染・外傷・化学物質など

内的ストレッサー:[感情的要因]不安・恐怖・悲しみなど

ストレスを上手に発散させること、筋肉の緊張を和らげることが腰痛予防となります。カラオケで大声を出す、ストレッチ運動をする、ということも効果的です。

また、筋肉の緊張は、背骨や体の歪みが原因となっていることも多いのです。 筋肉の緊張による腰痛の場合、カイロプラティックで改善されることもあります。 痛みが続く場合は、お気軽にご相談ください。

受付時間・料金について

診療時間

日/祝
午前
9:00〜
12:30
× ×
午後
15:00〜
19:30
× ×

施術料金

初診料 2,000円
施術料 6,000円
自律神経・うつの治療
施術内容はこちら
8,000円
顎関節症の治療
施術内容はこちら
8,000円
妊婦の方・幼児・小学生 3,000円

まずはお気軽にご相談ください!

症状に関するご相談は12:30〜15:00の休憩時間にお電話いただけますと、ゆっくりお話させていただけます。

072-224-5598

診療時間9:00〜12:30/15:00〜19:30 
木・日祝定休

facebookページもご覧ください 中央カイロプラクティック院堺からのお得情報やお役だち情報を発信しております。 安田 正典 西村 美穂