ぎっくり腰は「急性腰痛症」



「急性腰痛症」と聞くと難しいイメージがありますが、これは俗に言われる「ぎっくり腰」のことを言います。

◆急激な痛みに襲われる「急性腰痛症」=「ぎっくり腰」とは
腰椎

一般的に「腰骨」といわれている「腰椎」は5つの椎骨でできています。その椎骨を椎間板、関節、靭帯が支えています。

「急性腰痛症」とは、これらの部分に損傷が起こり痛みを感じる状態をいいます。



◆「急性腰痛症」になるのはどんな時?


不安定な状態で荷物を持ち上げたり、作業の為にうつむいたり、生活の中での何気な動作がきっかけになって腰痛を引き起こします。

急性腰痛は、一度なってしまうと、繰り返してしまう傾向があります。

急性腰痛を繰り返すことによって慢性腰痛になったり、ヘルニアになってしまうことがあるので、急性腰痛の経験者は正しい対処と注意が必要です。


◆「急性腰痛症」になってしまったら


とにかく安静が第一です。痛みのひどいときは入浴を避け、膝や股関節を曲げた状態で、腰に負担をかけないように休みましょう。

原則的には、時間とともに自然治癒しますが、痛みを我慢したり無理をすると悪化してしまうので、我流のマッサージなどをせずに早めの受診をお勧めします。


◆腰痛が治まらないときは


安静にしていても痛みがひどくなる場合は、急性腰痛症以外の疾患が潜んでいる恐れもあります。

しびれや脱力感を感じた時には、椎間板ヘルニアや腫瘍、骨粗鬆症の人は圧迫骨折などの可能性もあるので、受診したうえで状態を相談したいものです。


◆「急性腰痛症」の予防


日常生活の中で腰をかばう癖をつけたいものです。


たとえば、

・洗面時には、膝を曲げて腰への負担を減らす。

・デスクワークで長時間座る人は、合間に体を動かす時間をとるようにする。

・固めの布団(ベッド)を選び、うつぶせ寝は避ける。

・起き上がる時には、一気に起き上がらず、手をついて起き上がる。

習慣化することで腰への負担を減らし、「急性腰痛症」の予防を心がけてください。

受付時間・料金について

診療時間

日/祝
午前
9:00〜
12:30
× ×
午後
15:00〜
19:30
× ×

施術料金

初診料 2,000円
施術料 6,000円
自律神経・うつの治療
施術内容はこちら
8,000円
顎関節症の治療
施術内容はこちら
8,000円
妊婦の方・幼児・小学生 3,000円

まずはお気軽にご相談ください!

症状に関するご相談は12:30〜15:00の休憩時間にお電話いただけますと、ゆっくりお話させていただけます。

072-224-5598

診療時間9:00〜12:30/15:00〜19:30 
木・日祝定休

facebookページもご覧ください 中央カイロプラクティック院堺からのお得情報やお役だち情報を発信しております。 安田 正典 西村 美穂