骨盤矯正は産後だけじゃない!

妊婦さん

骨盤矯正というと、産後の骨盤矯正がクローズアップされがちですが、実は、妊娠中や妊娠前にも骨盤を整えておく理由があるのです。

■なぜ骨盤矯正が必要なのか

妊娠中に胎内で育つ赤ちゃんは、目まぐるしく成長していきます。
赤ちゃんを出産するために、妊娠中はリラキシンというホルモンが出るので、骨盤が緩みやすくなっています。
骨盤が歪みや緩みがあると胎内の形も変形し、赤ちゃんの姿勢が良くない状態になることも。
これを「胎内不良姿勢胎児」と呼びます。

■胎内不良姿勢胎児の問題点

胎内不良姿勢で育った胎児は、
・先天性股関節脱臼
・頭蓋骨の歪み
・不正咬合(歯並びや噛み合わせ不良)
などの原因になる可能性があります。

■妊娠中(妊娠前)にやっておきたいこと5つのこと

1.ウォーキング

ウォーキングで出産に役立つ筋肉(腹筋、背筋、骨盤底筋など)を鍛えることができます。
ウォーキングの際は、歩く時の姿勢がとても大切です。姿勢を正し、歩調に合わせてしっかりと腕を振ります。
踵で着地、つま先で蹴りだしを意識すると足腰への負担が軽減できます。

2.ヨガやピラティス

妊娠中に体幹の筋肉をつけることで、背中の痛みを軽減し、出産も楽になります。
ただし、16週以降、マタニティ用のプログラムがおススメです。
時期や状態はドクターに確認してから始めましょう。

3.正しい食生活

妊娠中に取る食事は、赤ちゃんの発育に大きな影響を与えます。
「主食」を中心に、不足しがちなビタミン・ミネラルをしっかり取りましょう。
また、甘いものやお菓子の油を減らすことを心がけましょう。
参考:厚生労働省「妊産婦のための食生活指針1」「妊産婦のための食生活指針2」

4.噛みあわせの調整や虫歯の治療

妊娠中は、女性ホルモンの増加による唾液変化などの理由で虫歯や噛み合わせ不具合になりやすい状態です。
また、お母さんが虫歯の場合、子どもの虫歯リスクが高まるというデータもあります。
後期に入ると仰向け治療が大変になるので、安定期に歯の治療をお勧めします。

5.カイロプラクティックや整体での骨盤矯正

前述した理由から、妊娠中にも骨盤を整えておく必要があります。
骨盤矯正をすることで、胎内不良姿勢を防ぎ、出産を楽にすることも可能です。
信用のできる医院に相談してみましょう。

カイロプラクティックで心も体も安産を目指しましょう

当院では20年以上前から妊娠中の施術をおこなっており、安心・安全な施術を受けることができます。
骨盤の調整はもちろん、腰痛の解消や安産を望まれる方が多く受診されています。
特殊なクッションを使いますので、うつ伏せの楽な姿勢で施術することもできます。
妊娠中のお体や安産への不安がある方は、お気軽にご相談ください。

受付時間・料金について

診療時間

日/祝
午前
9:00〜
12:30
× ×
午後
15:00〜
19:30
× ×

施術料金

初診料 2,000円
施術料 6,000円
自律神経・うつの治療
施術内容はこちら
8,000円
顎関節症の治療
施術内容はこちら
8,000円
妊婦の方・幼児・小学生 3,000円

まずはお気軽にご相談ください!

症状に関するご相談は12:30〜15:00の休憩時間にお電話いただけますと、ゆっくりお話させていただけます。

072-224-5598

診療時間9:00〜12:30/15:00〜19:30 
木・日祝定休

facebookページもご覧ください 中央カイロプラクティック院堺からのお得情報やお役だち情報を発信しております。 安田 正典 西村 美穂