内臓の疲れで身体が歪む?

「内臓の疲れで身体が歪む」と聞くと驚く方も多いと思いのではないでしょうか?
実は、内臓の疲労によって、身体や骨盤の歪みを引き起こし、「肩こり」「腰痛」「首こり」 の原因になります。
内臓疲労の解消が、つらい「肩こり」「腰痛」「首こり」を改善する鍵になります。今回は簡単な歪みのチェック法を利用してどの臓器が疲れているかを推測していきます。

■内臓の疲れ確認の方法

①足を肩幅に広げまっすぐ立つ
②目を閉じて両肩を5回上げ下げして力を抜く
③1m後ろから身体、腰、骨盤の歪みをチェックする

■内臓の疲れ確認の結果

つらい「肩こり」「腰痛」「首こり」の原因にもなりうる内臓疲労について、上記の確認を行うと、大きく分けて6パターンに分かれます。


【その1】右肩が下がっている

結果:肝臓の疲れ
対策:暴飲暴食を控え、特にアルコールを制限しましょう。ストレスを受け止める臓器と言われているので、ストレス過剰になると胃腸まで負担がかかります。緑黄色野菜や酸味があるものがおすすめです。

【その2】左肩が下がっている

結果:膵臓の疲れ
対策:暴飲暴食を控え、特に甘い物とアルコールを制限しましょう。膵臓に負担がかからないようによく噛んで食べることを心がけてください。また、過労や睡眠不足にならないように生活習慣を見直してください。

【その3】上から見て左肩に比べて右肩が前にある

結果:心臓(肺・腸の可能性もあり)の疲れ
対策:規則正しい生活を心がけ、食事は肉食を減らし野菜中心にしましょう。赤色の食べ物(トマトやニンジンなど)は、心を養うので多めに取って下さい。
過激な運動は控え、ストレッチなど軽い運動をしましょう。また、熱いお風呂は心臓に負担がかかるので、半身浴をお勧めします。

【その4】上から見て右肩に比べて左肩が前にある

結果:肝臓の疲れ
対策:暴飲暴食を控え、特にアルコールを制限しましょう。ストレスを受け止める臓器と言われているので、ストレス過剰になると胃腸まで負担がかかります。緑黄色野菜や酸味があるものがおすすめです。

【その5】右肩が前、右腰が後ろ(捻じれ)

結果:腎臓の疲れ
対策:塩分を控え、身体を冷やす食べ物を減らし、黒っぽい食べ物(黒豆・黒ゴマなど)を食べましょう。特に足を冷やさないようにして、入浴や腰を中心に運動をしてください。

【その6】猫背

結果:胃・脾の疲れ
対策:甘い物を控え、胃腸に負担がかからないようによく噛んで食べてください。どうしても甘い物が欲しくなったら、果物などで甘味を取って下さい。
背筋から腰にかけてしっかり伸ばし、胃腸の血液循環がよくなるようにしましょう。

「早めの受診」「適切な対応」が楽にる近道です
内臓の疲れと身体、肩、腰の歪みの関係についてまとめてみました。肩や腰の疲れは痛みやコリで身体は教えてくれますが、内臓の疲れは自覚症状が感じないことが多いのでぜひ参考にしてください。身体、肩、腰が動くことに感謝し、可能な対策を心がけてていただきたいと思っています。

身体の不具合や腰痛でお困りの方、どこへ行っても治らなかったその症状、原因を突き止めて根本治療を目指しましょう。
当院は治療歴20年、スポーツ選手、お医者さんのほか、他府県から通院される患者さんも多数おられます。つらい思いを我慢することなくお気軽にご相談ください。

受付時間・料金について

診療時間

日/祝
午前
9:00〜
12:30
× ×
午後
15:00〜
19:30
× ×

施術料金

初診料 2,000円
施術料 6,000円
自律神経・うつの治療
施術内容はこちら
8,000円
顎関節症の治療
施術内容はこちら
8,000円
妊婦の方・幼児・小学生 3,000円

まずはお気軽にご相談ください!

症状に関するご相談は12:30〜15:00の休憩時間にお電話いただけますと、ゆっくりお話させていただけます。

072-224-5598

診療時間9:00〜12:30/15:00〜19:30 
木・日祝定休

facebookページもご覧ください 中央カイロプラクティック院堺からのお得情報やお役だち情報を発信しております。 安田 正典 西村 美穂